napoの時事ネタ歳時記

様々な時事ネタを、愛を持って書いています

慰安婦問題は続くよ、いつまでも

えっと、napoです。

 

昨年末、日韓合意が締結されました。

韓国側は不可逆的(過去を蒸し返さない)ことや慰安婦の少女像の韓国大使館前の移動を約束しました。

そして日本の国庫から10億円を拠出することになりました。

 

繰り返しますが、昨年末に合意をしました。

 

その後、慰安婦の少女像は撤去どころか韓国大使館前の移動も行われていません。実はこの像は世界のあちこち(米国など)にあるわけですので、本当はこれらも撤去が必要でしょう。

そもそも、20万人の従軍慰安婦は作り話です。

 

ところが、相変わらず韓国某大統領は”慰安婦問題の日本側の誠意ある対応を”と繰り返し、像は民間が建てたものだから移動できないと回答しています。

 

日韓合意は国際条約になるのですが、それを全く守らないのですね。韓国は。

 

そして韓国には”韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)”と呼ばれる団体があり、彼らは日韓合意前と変わらず、「じゅうぐんいあんふ~」と叫んでいるわけです。

ここの団体には北朝鮮の息がかかっていると言われています。

 

そして先日、なんと国連の”女性差別撤廃委員”とやらが、この従軍慰安婦問題を取り上げてきました。

この問題について、一応日本政府は反論しています。

 

この問題を国連から出してきたのは、おそらく現在の事務総長が韓国人の潘氏であるからだと容易に結び付けられます。

そして、同時に彼はこの問題で微妙な立場のようです。時期韓国大統領を狙う潘氏としてはここで日本に圧力をかけたかったのでしょう。

 

潘氏、元慰安婦に苦しい釈明 日韓合意歓迎は「内容を歓迎したものでない」? 初の会談

 

国連も利用し日本叩きと被害者ビジネスを続ける韓国。

日本政府が何かしようとすればするほどさらに問題を肥大化させてくるのでしょう。

 

今までのやり方では、慰安婦問題は続くよ、いつまでも

 

韓国に”妥協”というのはいい加減にやめ、韓国との関係を薄くしていく方向へ舵を切るべきでしょう。

日本企業の撤退や経済の関係を断っていくことが望ましいと考えています。